読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツマサキブログ

えろ漫画家ユニット「左カゲトラ」と同人サークル「ツマサキレーベル」(旧ユビサキスタジオ)のブログ。2012年1月からここで更新。単行本「らぶちゅーらいふ」好評発売中「はつじょーでいず」2014年六月末発売!コミケ86のスペースは三日目(日曜日)東ネ05a「ツマサキレーベル」でございます

調子はよいのか悪いのか

もさもさ下描き、カゲトラです( ΦωΦ)

なんか「無理かな?」と思うようなのがちゃっちゃと描けたりして、あとから見直してみると「?」て感じだったりして、わりと不確定な感じです。見かけ上でも進んでるからいっか、ていう感じですが、ペン入れのとき苦労しそうな下描き描いてるなー、というのもまた事実なわけで。

まあそうやってどんどん先送りにしていくのがおいららしくていいよね!ということにして、進めています。

 

今日はなんかイラストレーターと漫画家の違い、みたいなツイッターでちょっとだけしたけど、まあ違うよね、と。ついったーで話したことはまあそっちで読んで頂くとして(面倒)、ちょっとだけ捕足するとすれば、原作と作画の分業制が進みつつある中で、これにどう対応していくか、というのが多分五年後くらいの課題になると漠然と考えています。エロで分業制をとっているところはまだ少ないけれど、なんとかうまくやっていければいいなあ、と。うちはユニットとはいえ分業制ではないので、そのうち否応なく選択を迫られる場面が来るんだろうなー、と。そのときどうするかは、まだわかりませんけれどねー。

 

でもまあ、エロ漫画は作者が性癖やシチュエーションに情熱を注いでる人が基本的に強い気がするから、原作と作画の分業制は難しいかなー、と思ってみたり。今のところ原作と作画が分かれてるものはある程度の専門性を必要とするジャンルが多いので、エロだと・・・蘊蓄系SM漫画とか流行らないだろうしなあ。シチュエーションとキャラ設定とどんなエッチかを伝えたら、エッチに至るまでのドラマパートだけ作ってくれる人とかいると便利かもしれんけどw

 

とか、そんな下らんことをつらつら考えつつ、まずは、千里の道も一歩から、ということで、今描いてる原稿を二月上旬までにあげることを目標に、ちゃきちゃき下描きやっていきたいのでございます、はい( ΦωΦ)