読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツマサキブログ

えろ漫画家ユニット「左カゲトラ」と同人サークル「ツマサキレーベル」(旧ユビサキスタジオ)のブログ。2012年1月からここで更新。単行本「らぶちゅーらいふ」好評発売中「はつじょーでいず」2014年六月末発売!コミケ86のスペースは三日目(日曜日)東ネ05a「ツマサキレーベル」でございます

たまには二次創作でも

ども、大川・・・カゲトラです( ΦωΦ)

と、いうわけで。

 

大川「ゴル○タの守護霊です・・・」

インタビュアー「どうも、お疲れ様です」

大「お疲れ様です」

イ「今回は大変なことになってしまって・・・」

大「そうだね」

(P4より抜粋)

 

イ「今回の炎上の件についてですが」

大「中高生相手ということでね、やっぱり、ある程度の秩序というか、運営がね、我々がね、ちゃんとみてやらなきゃいけない部分はあると思うんだよね。中高生なんてまだまだ子供だからね」

イ「まったくその通りだと思います」

大「たとえば道徳教育とかね、絶対必要なんですよ。でもね、今の学校ではそういうのを教えない。人に迷惑をかけたらダメとか、目上の人を敬うとか、そういうことをきちんとね、教える場が必要だと思った」

イ「そうですね、私もそう思います」

大「だからね、そういう場を作ろうと思ってね、ネットならできるかな、と思ってやってみたんですよ。この国をよりよくするために」

大「もっとね、中高生にも徳を積んでもらって、階梯をあげていってほしい。そうすればこの日本も、もっといい国になるから」

イ「そうですね」

(P45~46より抜粋)

 

イ「炎上を巻き起こした人たちについてですが」

大「そりゃあね、決まっているでしょう。地獄に落ちますよ。当然。宇宙の理を理解していない馬鹿者どもだもの」

イ「彼らには救済の手は届かないのでしょうか?」

大「悔い改めればね、あるいはそういうことはあるかもしれない。でもゴル○タを潰してしまったという罪はね、彼らの体に永久に刻み込まれていますよ」

(P98より抜粋)

 

イ「結局、何が問題だったのでしょうか?」

大「我々のやり方にもね、確かに強引なところがあったかもしれない。でもね、それは必要な強引なんですよ。そこのところはわかってもらわなきゃならない」

イ「といいますと」

大「エル・カン○ーレの御教えを広めるためにね、我々が率先してこう規律と秩序を作り出していくというかね、そういうことをやったわけだけれども、やはり悪魔というのはどこにでもいるわけでね、そいつらがね、邪魔してくるわけですよ」

イ「悪魔」

大「そう、悪魔。共産主義者とか、悪魔の手先ですよ。ネットにもウヨウヨいる。そいつらがね、人心をたぶらかして、我々のやることを邪魔するわけだ。そういうのはね、絶対に許してはならん。だから我々は国政に打って出たり色々してるんだけどね、なかなか徳の高いものの行動は衆愚には理解されないね」

大「今回だってね、ほとんどの人はね、わかっているんですよ。だから罪を犯しても、ゴル○タに戻りたい、と涙を流して乞うんですよ。それが人間として正しいすがた、あるべきすがたなんですよ」

イ「私もそう思います」

大「それをほんの一部のバカどもが余計なことをするから炎上なんてことになるんだよ。あいつらは全員悪魔の手先だ、人間じゃない。悪魔の手先に人権などはいらんのだ。もちろんゴル○タの会員権もだ。悪魔は悪魔らしく地獄の底で蠢いていればいい、それが地上に出てくることが間違っているんだ」

(P135~P137より抜粋)

 

イ「最後に一言お願いします」

大「この国の教育は腐っている。それを是正しようと立ち上がったのが我々なわけだ。今回はこのようなことになったけれど、いずれはね、絶対ね、我々が勝つからね。そのときにはね、エル・カン○ーレの御心がすべての人に届くということだからね。どんなに時間がかかっても、それは絶対にそうなるからね」

イ「ありがたいお言葉、ありがとうございました」

大「おつかれさま」

(P163より抜粋)

 

この文章フィクションです。実在のSNS、宗教団体、守護霊、高位の存在などには一切関係がありません。

ていうかこれは二次創作なのか三次創作なのか、三次だとしたら二次が存在していないのではないかなどの問題をはらんでおりますが、まあありがたい霊言だと思って読んでいただければと思います( Φ∀Φ)キャッキャ

 

f:id:hidarikagetora:20160831134117j:plain

ばかなことやってないで原稿やれにゃん。