読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツマサキブログ

えろ漫画家ユニット「左カゲトラ」と同人サークル「ツマサキレーベル」(旧ユビサキスタジオ)のブログ。2012年1月からここで更新。単行本「らぶちゅーらいふ」好評発売中「はつじょーでいず」2014年六月末発売!コミケ86のスペースは三日目(日曜日)東ネ05a「ツマサキレーベル」でございます

怖くないよ会Vol.0.5「ナンジャタウンでコラボイベント」の巻 後編

いきなり後編に来ちゃった人、前編はこっちらー

 

続きです、カゲトラです( ΦωΦ)

 

というわけで恐ろしいコラボ飯にダメージを受け、ガラポンの時間を待つ我々は時間を潰すべくナンジャタウンを出て一路乙女ロード近辺へ。そしてふらりと入った某ブックス中古グッズ館(仮称)。アクキーとか缶バッジとか一番くじとかその他もろもろの中古グッズを山ほど売ってるお店なのですが(こういう店あるの知らなかった!)、ユーリグッズはけっこう一等地に、ずらっと。

放送始まってから半年しか経ってねえのにグッズ多いなーと思いつつみてたら、アクリルキーホルダー一個10800円!などというものがあり、強気な値段に戦慄する我々(後で聞いた話によると、隣のら○んばんでは14000円で売ってるそうです)。

他にも4000円とか5000円とかのアクキー(ちなみに定価5~600円くらいです)がずらずら。それらのバブリーな物件を眺めていると、だいぶ目玉がぐるんぐるんしてきます。ユーリクラスタはなんか購買力がすごいしグッズも山ほど出てるんですが、それを実感する瞬間ですねー。

 

そんなこんなで某ブックスの中古店舗を「ほえー」「すげー」とか言いつつ巡り、戻ってきましたナンジャタウン。悪魔の館。

そしていよいよガラポンタイム。ちなみにどんなものかというと、ナンジャタウンオリジナルのコラボグッズが当たるものですね。

一回400円で1~3等まではわりと真っ当なものが出ますが、4等はプラスチックのしおり一枚(しかもランダム)という残酷系運だめしでございます。尚お一人様5回までの制限があるのですが、並んでる人(≒入場者)は大体5回回します。番号を呼ばれたらじゅんぐりに出頭して自販機にお札を食わせ、ガラポンを回します。まー商店街のくじ引きですね、懐かしい。

 

というわけでスリザ・・・しおりは嫌だ、しおりは嫌だとガラポンを5回回しますと、見事に出ました4等三つ。ファック。残りは2等のでかい缶バッジと3等の缶キーホルダー。これ全部4等だったら泣くに泣けないな・・・とか思いながら景品をもらって終了。(ちなみにO嬢は3等四つ、4等一つでした)

f:id:hidarikagetora:20170303231401p:plain

↑これがガラポン400円x5回分。ここまで買っておいてなんなんですが、ちびキャラの可愛さとかまったくもって理解していません。

O嬢は「ちょうかわいい〜」を連呼していたので一般的には可愛いものらしいんですけどね。

 

まーヴィクトルさんげっつしたんでいいか、と思いつつ次はグッズコーナーへ。またまたちょびっと並ばされて、じゅんぐりに呼ばれてカゴを持たされます。

さて、昼飯に3000円、ガラポンに2000円使ってしまったカゲトラさんにもう怖いものはありません。あるけど。目玉ぐるぐるしながら、普段なら絶対買わないブラインド(ランダム封入)のアクキーを7個、マグネットを2個ほどカゴに放り込みます。アクキー一個500円、マグネット一個400円弱ですが、値段はあえて考えないことにします。とはいえ限定数まで買えないところに気弱さが滲み出ておりますが、今月クレカの支払いが多いんじゃよー!ということで一つお許しくださいませ。

隣を見ると、割とシブチンでグッズなど普段買わないO嬢もなんだかんだいろいろカゴに放り込んでおります。周りの人達はもっといろいろ買い込んでおります。いっこ2000円のなんたらクッションの申し込み用紙持ってる人もちらほら。みんなブルジョアだなおい。これが祭りの気分というやつかーッ!(めちゃくちゃあてられてます)

 

そんなこんなでつつがなくお会計を済ませ、2000円お買い上げごとにもらえるノベルティももらい(話逸れるんですが、pixiv zingaroでやったユーリ展の同じよーなノベルティのポストカードが某ブックスで一枚8000円で売ってました。ノベルティとは)、それぞれの思いと戦利品と一抹の後悔を抱え暴食と浪費の館ナンジャタウンを後にする我々。そう、我々には最後の大事な仕事が待っているのだ・・・。

 

 

 

 

 

というわけでナンジャタウンを出た我々はサンシャインシティのスタバに陣取り、最後の、そしておそらく最大の仕事にとりかかります。

 

そう、「ランダムグッズの開封」という一大行事に!!!

 

ユーリ!!! on ICEをご存知の方は理解されていると思いますが、このアニメ、キャラの人気度にものすごい開きがあります。今回ランダムは9キャラなのですが、一番人気はダントツでヴィクトル、二番目が勇利、三番目がユーリ、あとの6人はまあそうよね、という感じです。生々しい話をすると、冒頭の某ブックスの販売価格にも如実にそれが反映されていて、プレミアかそうでないかぐらいの差がついています。

例えばここでうっかり南くん(円盤3巻ですげーかわいく元気にヌルヌル動いてました)ばかり引いてしまったりするとごく一部の南くんファン以外は絶望の淵に沈み切実さを訴えながら不人気ゆえに希望の無い交換希望ツイートを連打する羽目になるので、ガラポン以上に手に汗握るイベントなわけです。あ、南くんはかわいいよ、かわいいですよ。

 

ブラインドのグッズを一個ずつぺりぺりと開封し、出たものによって一喜一憂する様はそれはそれは面白いものなのですが、そのへんはわりと忘れちゃったので、さっくり結果だけお出ししますと、

f:id:hidarikagetora:20170303234717p:plain

こんな感じで、綺麗にバラけました。全9種で7種類引き、しかもヴィク勇ユリオの三強が揃っているのでほぼパーフェクトと言ってよろしいのではないかと。マグネットはまあ、冷蔵庫にはっつけておきますはい。O嬢も推しのオタベックとユリオを引いたのでわりとご満悦でした。終わりよければすべてよしってことかー!?

 

そしてスタバのコーヒーやラテを「安い・・・うまい・・・」としみじみと飲み(コラボイベント行った後は金銭感覚が狂うので全ての飲食が安く見えます)、我々は池袋を後にしたのでした。

帰り道、O嬢はランダムで引いたグッズから推しでないキャラを速攻で某ブックスに叩き売って合計450円を得たことを記して、コラボイベント体験レポを終わりにさせていただきたいと思います( Φ∀Φ)ノ

 

ナンジャタウンコラボイベント

雰囲気:コミケよりオタオタしい女子が多い

フード:高いししょぼい

ガラポン:運次第

グッズ:気がついたらいっぱい買っていた

ヴィクトルの買取価格:販売価格とほぼ同じ

6弱の買取価格:50~100円

総評:怖い。ファン以外ならやめとけ

 

 

おまけ

f:id:hidarikagetora:20170304000227p:plain

実はガチャ(先行販売)も一回回したんですが、南くんでした。

なにげに南くんいっぱいw